URANO.S KYOTO
ウラノス京都 URANO.S KYOTO

代表ブログ Blog

【学び、成長というプロセスの中で努力したことがいつもうまくいくとは限らない。しかし自分達の進むべき道は信じ続ける。

【学び、成長というプロセスの中で努力したことがいつもうまくいくとは限らない。しかし自分達の進むべき道は信じ続ける。

自分達がやってきたことをどれだけ信じ続けることが出来るか?

私がやっている仕事はサッカーコーチという仕事。

試合に勝利する
選手を育てる
大会で良い結果を出す

いろんなことが求められている仕事です。

その中でも私が一番大切にしているのが選手を育てるということ。
中学生のチームをメインに指導しているので、その選手たちが私たちのクラブでの3年間でどれだけ成長して次のステージに進むことが出来るのか?
そこをいつも考えています。

それはサッカーというスポーツを通して、人間をひとり立派に育てるという至上命題があります。
人を育てるなんて私がいうのは本当におこがましいのですが、このURANO.S KYOTOを信じて大切なお子様を預けてくれている保護者の皆様の期待に応えるためにも日々本当に努力しています。
※毎日サッカーのことしか考えておらず、奥様に怒られることもしばしばですが。笑

今、U15の男子チームはU13リーグが開幕していて、中学生になったばかりの選手たちが奮闘しています。
サッカースクールでしかプレーしてなかった選手もいる中で、強豪クラブの選手たち相手にとてもよいプレーを発揮することが出来ている。

まだまだ私たちのクラブは結果ということだけを見ると力及ばずなクラブです。
ただ卒業生は高校選手権の最優秀選手に入ったり、1年生からAチームに入ったりなど進んだ先の進路で活躍してくれています。
これってクラブが掲げている選手育成という部分が芽を出してきてくれているのかなと。

人を育てる

これは本当に難しいし、日々勉強するしかないなと本当に毎日つくづく感じています。
それは試合に負けてしまった時もそうですが、勝利した時も同じように思うことがあります。

勝利したが、本当にこの子たちは成長しているのか?
サッカーというスポーツの一部分だけを切り出して考えたらスキルは上達している。では、人として大切な人間性の部分や、コミュニケーション能力は果たして伸びているのか?

敗戦したが、選手たちは何も得るものがなく、何も積み上げがなかったのか?
試合には負けてしまい、結果としてはなにも得られない。では、人を育てるという本質的な部分から考えた時に選手たちは成長していないのか?
成長が見られた中での敗戦ではなかったか?

こういった問いかけを自分に行い、議論をしています。笑

考えがまとまらない時はノートを活用。
汚い字で自分の考えをひとつひとつまとめるようにしていますが、これがなかなか。笑
悩んでいる時は考えがまとまらず、ノートを何ページを使ってしまう時もあります。
でもこれめちゃめちゃおすすめで、最初はめんどくさいんですがやっているとふと自分で気づいていないことなんかがパッと出たりします。

ビジネスマンの方達はノートを活用している方が多いと思うんですが、書くという作業は頭の中を整理するには必要ですね!

皆さんのチームはどのように選手を育てていますか?
どういったトレーニングを行なっているのか?
どういった声かけをしているのか?
人間的な成長へのアプローチはどのようにしているのか?

ものすごく気になるので、トレーニングマッチや、公式戦のときなどはちょくちょく相手チームのベンチの近くで何を話しているかを聞いたりしています。
お、そんな言い方もあるのか!という発見が結構あって、他の指導者の方から学んでいるところです。

人を育てる

私にとって、これが一番の生きがいなんだと思います。
選手が成長し、輝く姿を見て、それが社会への貢献につながる。

おこがましい話ですが33歳の若造がクラブの代表になって、色々とメソッドを作って、たくさん失敗しながらやってます。笑
その中で、人を育てるという人類としての課題のようなものを勝手に背負って日々活動しています。

URANO.S KYOTOで育った選手は本当にたくましく、素晴らしい子が多いね!
そういってもらえるように頑張らなくては!

まぁ、人を育てる前に私自身が素晴らしい人間性を兼ね備えていないといけませんが、それはまだまだこれからです。笑
毎日本当に未熟だなと感じています。ただ、自分の信じた道はしっかりと進めているとも思っています。

私自身、もっともっと成長し、人を育てられる人間になっていきたいと思います!

【サッカークラブとしてサッカー以外の価値を提供するクラブ作りを目指している最中。道のりは遠く、険しいがその先も見えてきた】

【サッカークラブとしてサッカー以外の価値を提供するクラブ作りを目指している最中。道のりは遠く、険しいがその先も見えてきた】

サッカークラブ以上の価値を提供することが出来るクラブにしたい。

 

ん?サッカークラブ以上の価値を提供?なんじゃそれ?
そう思われる方もいらっしゃると思います。サッカークラブはサッカーを教えてくれていたらいいじゃん!と。
それも当たり前の考え方で、サッカーを教わりにきているので、サッカーだけを教えてもらうのが多分普通です。笑

今、私が考えているのが、サッカークラブだけれど、サッカー以外の価値を提供出来るもの
そういったことが出来る新しいサッカークラブをこれから作っていきたいと思っています!

サッカー以外の価値って何か?

ひとつの例で言えば、勉強面のサポート
今、クラブでは今後勉強面もサポート出来るようになってきます。

スポンサー様と提携し、選手たちをオンラインでサポートしたり、家庭教師としてサポートしてもらったりと選手たちの希望があれば対応が可能になりました。
より整理していきますが、例えばこういった感じです。

ちなみに、スタッフウェアも新しくなりスポンサー様の提供で新調させていただきました!

他にも今後はたくさんの社会見学活動も入れていきたいなと思っています。
賛否両論あるかと思いますが、私はサッカーだけではなく、今のこのグループでたくさんの経験をしてほしいと思っているので、ものづくりや全員での共通の体験キャンプや、バーベキューなどなど、どんどん選手たちに経験してもらう予定です。

また、そこには保護者の方もぜひ絡んでもらえたらと思っています。

全ての活動にお金を出してくれるのは保護者の皆様。
保護者の方々にも一緒にそういった経験が出来る場所を作っていきたいと考えています。

そんなことを考えていた時に、重要となることが自分の中で見つかりました。

それは、「思い出作り

いや、そんなん当たり前やないかい!!!!!!
そう思われるでしょう。てか、すでに思われているかも。笑

でも、思い出ってすごく大事だと思いませんか?
だって、昨日のことはもう帰ってこないし、あー、あんなことしたらよかったなって思っても2度と帰ってきません。

こんな活動めっちゃ素敵じゃないですか?

そう考えた時に思い出ってとても大切で、しかもこのURANO.Sでの3年間なんてめっちゃ短いわけで。
その時期を仲間と過ごすことって選手たちにとってはめちゃめちゃ思い出になるんですよね。
あんなことあって楽しかったね!っていう経験って未来にお金では絶対に買えない。

そこを私たちURANO.S KYOTOでカバーすることは出来ないかなと。
おせっかいかもしれませんが、絶対将来には行ってよかったと思えるようになるはずです。

また、この3年間という短い時間をご家族でも楽しんでもらいたい。
いやー、ここは難しいのですが中学生となると思春期で家族との関わりを嫌がるものです。笑
私も多分そうだったと思います。

でも、親からしたら、この時期って絶対大切な時間だと思うんです。
私も今年親になったのでわかりますが、娘との時間はなにものにも変えることが出来ない大切な時間です。たくさん思い出を作りたいと思っています。

そういった時間をURANO.S KYOTOではなんとしても作りたい。
そうメラメラとパワーが湧いてきています。笑

いや、そんなの必要ないですし、うちはサッカーだけ教えてください。
そう言われるご家庭も絶対にあるので、そこは100%サッカーに真剣に向き合ってもらいます。

ただし、それと同じくらいそういった活動にも協力していただく予定です!笑

自分の話になりますが、私の父は私が高校1年生の時に癌で亡くなりました。
今ではもう会えませんが、思い出はたくさんあります。

よく釣りにつれていってもらいましたが、そのおかげで今でも釣りが趣味になりましたし、魚が好きです。食べるのも、観るのも好き(なぜかは不明)
そういう経験があるからこそ、たくさん、たくさん、サッカーの思い出も、仲間との思い出も、家族とも思い出もURANO.S KYOTOというクラブを通して作っていってもらえたらと思っています。

そういった価値を提供することが出来るクラブっておかしいでしょうか。

サッカークラブはサッカーを教える!

うーん、そうなんですが、それだけでは絶対にないと思うんです。
私たちはサッカーの価値を上げるとともに、それ以外の価値も提供出来るようなクラブにこれから大きく成長していきます!

新しいことをスタートするので、周りからは色んなことを言われるかもしれませんがそれはそれ。笑
たくさんのご意見をいただきながら、私たちは多くの価値を提供出来るクラブとしてこれからも活動していきたいと思います!

当たり前ですが、サッカー面は100%で取り組みます。むしろ100%を超えます。

スポンサー様、大募集中です!
おかげさまで、4月からスタートして多くの方々がサポートしてくれるようになりました。

でも、まだまだクラブの成長はこれから。

もっともっと大きなクラブになるにはより多くの皆様のサポートが必要になります。

もし、サポート考えるよ!という企業様はぜひ川田までご連絡いただけますと幸いです!
まだ見ぬ皆様との出会いをスタッフ一同楽しみにしています。

ではまた!

【スポンサー様の新規獲得と挨拶回りを順次行かせてもらっています!これまでにはなかった新しい仕事に挑戦!】

【スポンサー様の新規獲得と挨拶回りを順次行かせてもらっています!これまでにはなかった新しい仕事に挑戦!】

新しい仕事が増えることより、脳みそが常に新鮮!ただいつもパンク状態!

新しい仕事が増えてきております。
それはクラブ代表としての仕事でもあるスポンサー様の獲得! 

 

今までコーチ業が中心でした。
なので本当に今までやったことのない営業活動が主な仕事になります。

私たちのような街クラブは基本の収入はクラブ会員様からの会費収入。
URANO.S KYOTOはサッカースクールからシニアまであるのでそこそこクラブ規模としては大きいクラブだと思うのですが、やはり会員様からだけの収入では正直運営がこれからは難しくなってくるのではないかと思っています。

少子化の問題もありますし、、、、。
今はクラブを運営出来ていますが、いつ会員様がクラブから離れていくかはわかりません。
なので地域の方々へ協賛のお願いに出向き、私たちを応援してくれる企業様を毎日のように探しています。
そして、本当に嬉しいことに応援してくれる企業様が手を上げてくれており、正直涙が出そうなくらい嬉しい気持ちでいっぱいです。

いつも本当にありがとうございます!

 

Cafe IMAMURAさん!

スポンサー様に対して私たちが出来ることといえば、ホームページに会社名を載せさせていただいたり、ユニフォームに名前を貼らせてもらったりと色々あります。
スクールスポンサー様は会場にのぼりを設置させていただいたりもしています。

といっても私たちに出来ることといえば正直かなり少ないのでやはりスタンスとしては応援される側というスタンスになります。

株式会社ツアーポートさん!

なので今猛烈に頭をフル回転させて考えているのは、スポンサー様も私たちを応援してくれることで得をするような仕組みなイベントなどを行うことです。

まだまだ煮詰まっていなかったりするので大変申し訳ない話なのですが、何かさせてもらうことが出来ないかと思っています。
私たちはサッカークラブなので、公式戦時には色んな方々の目に留まります。

例えばそこでプラカードを持って写真を撮影したり、スポンサー様の商品などを選手が持って動画を撮ったりなど色んなことが出来ないかなと考えています。

なかなかアイデアが浮かばないのですが、そういったことをここ最近私の新しい仕事としてチャレンジ中。
今までやったことがなかったですし、営業活動も初めてなのでもちろんスポンサーのお願いを一蹴されることもたくさんあります。笑

だからこそ、クラブを応援してくれるスポンサー様にはめちゃめちゃ得をしてもらいたいし、応援して良かったなと思ってもらえるような体験や経験をしていただけるように努力していきたいと思っています。

有限会社 臼井製作所さん!

まだまだスポンサー様をここでご紹介したいのですが、まだホームページリニューアルのご挨拶に行けていないスポンサー様もあるのでまた行かせていただきます!
※スーツとトレーニングウェアの写真はアポイントの時間によって指導に間に合わないスポンサー様のところにはトレーニングウェアで行かせてもらっています!
すいません!!!!

サッカークラブだが、サッカー以外のビジネス展開も出来るのではないだろうか?
皆様、ご存じのとおりですが、私たちはサッカークラブです。
私もサッカーコーチが本業で、基本指導者の仕事がやっぱりメインです。
ただ、これからクラブをもっともっと大きくし、そこで得たものをクラブ会員の皆様へ還元していくためにはサッカー以外でのビジネス展開も必要になってくると感じじています。

ものすごく当たり前の話をしますが、もし今うちの会員様全員が明日クラブをやめまーす!となった場合、私たちのクラブはスタッフに給料も払えませんし、クラブその維持費も払えなくなるので一瞬で倒産します。笑

これはうちだけではなく、他のクラブ様も同じところがほとんどだと思います。

と、考えた時に固定で収益を上げられる仕組みがやはり何か必要にはなってきますよね。

スポンサー様のご協力を得ているのはこういう時のためということもあります。
ただ、そこを全てスポンサー様へお願いします!というのもはっきり無理な話です。そんな他力本願なチームなんて何も魅力がありません。笑

スクールスポンサーの3社様!

なので今、そういった多方面にビジネスを展開出来るモデルはないものか?と色々と探っている次第です。

そして、いくつかクラブ内でも私たちスポーツクラブの特性を活かし地域に根ざした活動の案も上がってきています。
それがもし上手く進むと私たちもビジネスとしてやっていけますし、地域の方々にも私たちの経験や知識を還元することが可能になり、たくさんのWin-Winが生まれそうな予感がしています!

またそう遠くない未来に、新しい事業発表があるかもしれませんので、楽しみにしていてくださいね!

今回も長々と私の拙い文章を読んでいただきありがとうございました!
ぜひぜひ、次回の記事も読んでくださいね!

もし、URANO.S KYOTOとコラボしたらこんなことが出来るのではないか?!
そんな企業様がいらっしゃいましたらぜひご連絡をお願い致します!

私たちを一緒に新しい仕事を作っていきましょう!
そして、この乙訓地域をガンガン盛り上げていきましょう!
もちろん京都全体を盛り上げていくのが目標です!

 

※私は大山崎町在住なので、大山崎町にも何か還元出来ればと思っています!!!!!!

ではまた!

【良い試合を定義してみよう!の回。あなたの考える良い試合とはどのような試合ですか?】

【良い試合を定義してみよう!の回。あなたの考える良い試合とはどのような試合ですか?】

良い試合だったね!って聞くけどもそれって何を持って良い試合と言えるのだろうか。

 

 

皆さんに質問です。
あなたの思う良い試合ってどのような試合ですか?

感情的になる大逆転劇?

完璧な試合運びによる試合?

ぼっこぼっこのワンサイドゲーム?

失点ゼロのカウンター一発の試合?

 

 

人によって良い試合の定義って変わると思います。

でも結構耳にしますよね。良い試合だったね!という一言。
反対に今日の試合は良くなかったな。という一言。

結構選手たちにも言ってしまうことってありますよね?
これって、実は安易な気持ちで選手に言ってはいけないものなのかもしれません。

今日はそんなことを自分なりに考えてきた記事内容となります。
最後までぜひともお付き合いください。

試合に敗戦。でも積み重ねがある内容であった。
試合に完勝。しかし、課題が残る試合だった。

どちらが良い試合?

 

皆さん、どのように考えますか?
自分の息子、娘、教え子たちの試合が終わりました。さて、その時にどのような声をかけますか?

これってすごく重要なことなんだと最近すごく思うんです。

だって指導者の声かけひとつでもしそれがすごく良くない内容だったとしても良い試合だったと伝えてしまったら選手はこれで良かったのかと思ってしまうもの。
逆に、内容は本当にチャレンジしたのに結果がついてこなかった時に良くない試合内容だったと伝えたらもうチャレンジすることが出来なくなるかもしれない。

こう考えた時に、大人が発する言葉って本当に怖いですよね。
間違った言葉を選手にぶつけてしまうと、その選手の成長に大きく影響してしまいます。

私が思う良い試合内容とは、
トレーニングしてきたことに対してチャレンジすることが出来た試合です。

私は試合ももちろん大好きですが、トレーニングはもっと好きです。
正直試合は選手たちのお披露目の場だと思っています。発表会ですね。そこは選手たちが全力で発表する場所です。

トレーニングは私の用意してきたものを選手たちに伝えるお披露目の場です。
選手たちの成長に対して練りに練ったものを選手たちに発表し、提供、そしてそれを吸収してもらい、成長する栄養にしてもらう場所だと思っています。

だからこそ、トレーニングは本当に全力で約2時間を全力で駆け抜けるようにトレーニングしています!

そのトレーニング内容に対して、選手たちが試合で発表してくれる。
そこにトレーニングの積み上げが見えたら最高!結果がついてきたらもっと最高!

結果がもしついてこなくても、積み上げが見えたらこれも良し!気持ち的には結果がついてきていないことで落ち込んでしまいますが、それでも良し!です。

では、結果がついてこなくて、積み上げが見えてこない。でも、チャレンジはしていた。
これは皆さんどうですか?

私はこれを良し!としています。
もちろん、選手たちには「ごめん!俺のトレーニングをもっと改良する!」と正直に伝えます。
だって選手たちはチャレンジしているので。

ただ、めちゃめちゃ厳しく選手を叱る時もあります。
それは、結果に関係なく、選手が取り組んできたことに対して全くチャレンジしていない時です。

これはもう本当におおおおおおおおおおおいいいいいいい!!!!!!!と叱ります。

なぜチャレンジしないのか?

チャレンジしないということは成功もないかもしれませんが、失敗することもありません。

失敗することがない。これって最悪な状況だと私は認識しています。
だって、失敗することでそれが経験値となり選手の栄養になります。

このような状況で試合を終えた時、私は選手たちに今日の試合は良くない試合だったねと正面からきっぱり伝えます。
そして、選手たちにもこうも伝えます。

「チャレンジしてくれたことに対して上手く出来ないのは全く問題はないし、むしろナイス。それで上手くいかないのはコーチの責任。だけどチャレンジせずに試合を終えたことはみんなの責任。みんなが悪い。みんなの責任。」

本当にこんな感じでめっちゃはっきり伝えます。
良いか悪いか、そのあたりは分かりません。良いと言ってくれる方もいたら、良くないと思われる方もいるでしょう。

ただ、選手はプレーに対してチャレンジする義務があると思っています。
その成果に対しての責任はコーチにあると思っています。

だからこそ、選手たちにはチャレンジをし続けることを徹底していつも伝えています。

チャレンジした中で試合に負けてしまった時は「ナイスチャレンジだった!勝たせてあげられなかったことは本当にごめん!コーチが悪い!

URANO.S KYOTOはこのスタイルで指導をしています。

だからでしょうか。
うちに来てくれる選手はサッカーが本当に楽しいと言ってくれることが多いです。

それは自分の責任を感じながら、常にチャレンジすることが出来る環境に自分を置けているからなのではないかと思います。

もちろん、私たちのスタンスが良いかどうかなんて分かりません。
選手たちの育成に答えなどないと思います。

ただ、私たちは選手たちが自立した心と精神力を持ち、これから高校へ進学しても、そして大学、社会人になったとしても自立して人間力を習得してほしいと考えています。

今日は良い試合だったね!

この一言、とても深い意味合いを今後も持ちながら使っていきたいと思います!

さぁ、あなたにとって直近の試合は良い試合でしたか?

 

ではまた!

【共通理解を持つことに対する難しさとそれに対する挑戦の日々】

【共通理解を持つことに対する難しさとそれに対する挑戦の日々】
概念の浸透とやるべきことの共通理解を持つことの大切さとその難しさ

はい、皆様お世話になっております! URANO.S KYOTO代表の川田です!


今回もぽちぽちパソコンを打ちながら自分達のクラブの宣伝というか、考え方を皆様にお伝えしていきたいなと思います。

写真は決してふざけているわけではありません。真剣に四万十側と戦っている川田と教え子軍団です。




タイトルにも書かせていただきましたが、クラブの全員が同じ方向を向こうぜ!というのは結構難しいものです。
スタッフも人間、選手も人間です。そりゃ、違う方向に進んでしまうことだってあるでしょう。
そこを全員で同じ方向を向いて進んでいくのがクラブチームの在り方なのかなと思っている今日この頃です。

で、それが難しいわけです。
あ、うちのクラブスタッフ内が仲悪いとかそんなレベルの低い話ではないですよ?笑


うちはみんな仲良しです。年齢関係なく。
そうではなくて、本当に全員が同じ方向へ向かうことが出来ているか?ここを詰めていきたい、全員で寸分の狂いもなく同じ方向性を持って進んでいきたい。


そんなふうに思っています。



ちなみに、皆様のクラブではチーム全体でのコンセプトとかってありますか?

私たちURANO.S KYOTOではこちらがっつりとありまして。

ショートカウンターと激しい守備をベースとした”ストーミング”を浸透させる

これを今現在クラブスタッフ全員で取り組んでいるところでございます。 それに対するメソッドも作りました。 こういうチームにしたいから、こういうことをやっていきましょうねという教科書です。 前の記事にも少し書きましたので気になる方はこちらもどうぞ。

『クラブ独自の育成メソッドを公開!URANO.Sにしかない指導プログラムとは?!』


そんなこんなで本日のトレーニングでは、ストーミングの概念を選手たちにより浸透させるためのトレーニングを行いました。

また出ました。ストーミング。笑 この言葉、私のブログでは山ほど出てきますので悪しからず。笑


海外で今ポジショナルプレーとストーミングの2つが言葉として流行しているかと思います。
URANO.S KYOTOでは、サッカースクールからU12、U15までのカテゴリー全てで【ストーミング】という概念をもとにトレーニングを構築しています。

専門的に何かを受講して、ストーミングという概念のライセンスを取得したわけではないので私たちなりにまとめたものをトレーニングメソッドに落とし込んでいるのですが、これをスタートして6ヶ月程度でしょうか。

がっつり、イメージ通り! チームとしては、守備で前から積極的にボールを奪いにいくことが基本ベースとなります。
※選手がご飯をしっかりと食べているかチェックする時もストーミングの概念から確認しにいっています。すいません、それは嘘です。




攻守において強度を高くしてプレーをしていくのですが、これがなかなか良い感じ! ポイントは、攻撃も守備も「相手を攻撃していく」という考え方にあります。 私たちのクラブでは、攻撃はもちろん攻撃、守備も攻撃と伝えています。


自分達がボールを持っている時の攻撃方法

相手がボールを持っている時の攻撃方法


それをチーム全体で共通理解として持ち、それを推し進めています。


常に相手陣地でプレーをして、ハイプレッシャーの中で相手の判断を奪うプレーを連続させる。
奪ったら一気に相手ゴールまで攻め上がる。
これが今チームではとても浸透してきているように感じています。 これをトレーニングに落とし込むのは結構難しく、やはりざっくりとしたイメージの共有だけでも6ヶ月かかりました。



ここからそれを研磨していく。
選手はウイニングイレブンの選手ではないので、駒のように動かすことは不可能です。 人間なので、怪我もするし、疲れるし、、。
なので毎日のトレーニングでの落とし込みが本当に重要。

毎日のトレーニングでどれだけ共通理解を持てるかどうか。 選手によっては理解のスピードも変わってきます。
Aさんは1言えば2分かるけど、Bさんは1言って3分かる。Cさんは1言って何も理解していない。
人それぞれに個性があり、理解のスピードも違います。



だからこそ、


共通理解がしやすいようにするための教科書


がうちのクラブには必要でした。 選手たちの理解力向上に対して、スタッフ陣全員が必死でやっています。


メニュー構築はどうか?

選手のレベルに合っているのか?

伝え方は伝わっているのか?

そもそも選手たちのためになるトレーニングなのか?

このトレーニングを続けていくことで選手たちの将来が変わっていくのか?


もうね、考えて、やってみて、反省して、この繰り返しの毎日です。笑

でも、だからこそ、選手たちがとても能力値が上がってきているなと感じています。

積み重ねの成果がすごくここにきて出ているなと。 トレーニングして、ゲームをして、また反省する。 この繰り返しですね。
もう正直これはコーチ業をしている方全員だと思います。
明日からも反省の連続。笑 前の試合を見返して、反省して、次のトレーニングに繋げて、、、、。



夜には海外の試合映像を見て、参考になる部分はないか?などとうつらうつらしながら毎晩サッカーの研究にあけくれております。
それが選手たちの成長に繋がっていることは間違いありません。

ただ勝利に直接繋がっているかというと、それもまた難しく。
川田の能力不足です。

サッカーは勝敗が決定するスポーツなので、基本は勝利が一番です。
ただ、負けているからといってそれが選手たちの成長に繋がっていない、またはチーム全体が成長していないのか?となるとそうでもないんですよね。 これは本当に指導者として悶々とする部分だと思います。



選手たちは本当に良くなってきているのに、勝てない、、、。 そういうことって多々あります。
だからこそ、自分たちを信じて日々のトレーニングを全力で積み上げていかないといけません。 実はその逆もあって、トレーニングでは全く上手くいってないのに、選手の能力だけで試合に勝利出来ることもあります。



中学生年代なので、スタートの部分で能力差があるようであればなおさらですね。



良い試合を行い、選手たちが成長を感じて試合を終えることが出来る




そんなチームを作っていってる途中です。



では、良い試合ってなんなのでしょうか?


それは次回の記事に書かせてもらいたいと思います!

『クラブ独自の育成メソッドを公開!URANO.Sにしかない指導プログラムとは?!』

『クラブ独自の育成メソッドを公開!URANO.Sにしかない指導プログラムとは?!』

皆様こんにちは!

名前だけの代表、川田です!
今回で2回目の記事となりますが、前回の記事は楽しんでいただけたでしょうか?
毎回、どうやったら私たちのクラブに興味を持ってもらえるのかを考えていますが、なかなか難しいものですね。笑

皆さんがこれを読み、少しでも共感や発見などがある記事を作成出来るよう努力していきます!

では、今回も宜しくお願いします!

URANO.S KYOTO オリジナルメソッド
ストーミングの概念をベースにした中でのポジショナルプレーの実践

私たちURANO.S KYOTOではストーミングという考え方をチーム戦略の基本において全てのトレーニングを構築しています。

ストーミングというのは’’嵐の中にいるような状態を意図的に作り出し、その状況を利用して攻守においてプレーすること’’
このようにURANO.S KYOTOでは定義しました。


そこにポジショニングを決めてプレー実行を行うポジショナルプレーを重ね合わせ、クラブ戦略を確定しました。

なんだか、文字にしたら分かりづらいかもしれませんが、要するに、

「どーーーーん、ぐちゃぐちゃ!!!!どしゃーーんッ!!!!!」を整理して意図的に行う。

こんな感じです。笑 興味のある方は私たちのトレーニングを見に来てください。笑 そこで詳しく説明します。

トレーニングのテンポもかなりハイテンポでどんどんトレーニングが進行していきます。
そこもかなり狙いがあって、選手の心拍数を落とさないというメリット獲得を目指しています!
  

体験生にはめっちゃ詳しくパワーポイントを使って丁寧にクラブ戦略を説明しますのでご安心を!

トレーニングで獲得するスキルや戦術、整理していく考え方は全て文字として起こせるようにしています。

プレー時における全ての現象の原因と解決方法を言葉にすることが出来ることはプレーヤーとしてはかなりの強み。
 

大体、選手がミスする時って今どうしていいかわからなーーーーい!!!!!ということが多くないですか?
指導者もそれは同じかと。笑

だからこそ、全てのプレーの模範解答を用意しておいて、今起こった事象はその模本解答と照らし合わせてどうだったのか?ということをみんなで検証出来るようにしました。

 

クラブ戦略を実践するためには必要なことがあります。

①GPM(ゲームプレーモデル)

②APM(アタッキングプレーモデル)

③DPM(ディフェンディングプレーモデル)

④SPM(サポーティングプレーモデル)

 

また難しい横文字が出てきやがったぜ!!

そう思っているそこのあなた。気持ちはわかります。もうちょっとお付き合いください。

①GPMというのが要するに私たちが行いたいゲームの進め方になります。
こういうふうに攻めたり守ったりしようね!チームとして!』というものですね。

APMは攻撃の個人のプレーはこうしようね!

DPMは守備はこうしようね!というもの。

SPMはそれを支える技術以外の部分はこれだよね!という分類です。

この②APM、③DPM、④SPM、この3つをトレーニングで習得することで、①GPMが発揮出来るようになる!
そういった考え方です。


※下記は一部資料を抜粋したものになります。

こんな資料をせっとと作り、パワーポイントが今では50枚を超えており、さらにどんどん改良を重ねています。

 

 

そんな感じで、選手たちのプレーを構築する考え方は整理しました。

次はコーチ陣のレベルアップ。これが必要不可欠になります。
いくら選手たちのレベルが高くても、コーチのレベルが低いとそれ以上選手たちの成長はありません。

 

うちでは段階的にコーチのレベルを決めています。

最終的には全員がSTEP3のリーダーまで上り詰めてほしいのですが、それはまだなかなか難しい。
うちは若いスタッフが多いので、そこはまだまだ勉強中。

でもうちのスタッフ陣、本当に良く働きます。

なのでこちらの要求に対する吸収力も高く、どんどん指導力を伸ばしています。
このままいけば、川田なんてそのうち必要なくなるでしょう。

いや、マジで。やばい、どうしよう。仕事がなくなる。

ちなみに指導者の指導方法立案についても新しく設定!
こちらは指導者ライセンスの講習会などで使われているものをクラブ独自にアレンジしました!

指導経験がない若手スタッフが入って来た時でも、これを使えばURANO.S式の指導者が育っていくという仕組みです!

全てを一回整理して新しくしました。

ここまで見てもらった感じでも分かるかと思いますが、現在絶賛進化中のクラブです。笑

なので、保護者の皆様にもご迷惑をおかけすることもありますし、うちの選手たちにも迷惑をかけてしまうこともあります。

だけどその時はそれ以上のものを次に返せば大丈夫!とひとりガッテンしておりますので、皆様今後ともどうぞご贔屓ください!!!

これからはこのブログで川田の考えていることなどをどんどん発信していきたいと思います!

皆様に愛読してもらえるようにこれまでにない視点からブログを更新していきますので、引き続き宜しくお願い致します。

では、また!

【2022年4月から自分史上1番のチャレンジがスタートしました!夢は日本NO.1の育成組織を作ること!】

【2022年4月から自分史上1番のチャレンジがスタートしました!夢は日本NO.1の育成組織を作ること!】

From:川田 雄一郎

皆さん、長い間記事の更新が止まってしまい大変申し訳ありませんでした。
というのも、本当に激烈に忙しい期間が2022年2月頃〜8月末まで続き、ホームページ等をなかなかいじることが出来ない状態でした。笑

これからはどんどん更新をしていきたいと思いますので皆様今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

まず、皆様に気がついてほしいのが、そう!!!

ななななななんんと、ホームページが新しくなりましたー!!!!

多くのひとたちに協力してもらい完成したこのホームページ。

川田もぽちぽちいじったりして編集をしたので完成を目にした時にはちょっとうるっときてしまいましたよ。(涙)

どうですか?
ちょっとかっこよくないですか?
我ながら、けっこう良い出来だと思うのですがどうですか?

鼻息も荒くなります。笑

うちの選手たちがめっちゃかっこよくホームページのトップにどーーーーんっ!!!!!

こちらもGirls U-18所属の、みのりんがかっこよくどーーーーーんっ!!!

 

最後にかわいいスクール生たちがどーーーーーーんっ!!!!!

どうです?
ちょっといい感じじゃないですか?笑 みんな、かっこよくキマってます!!!!

ぜひ、これからもどんどんホームページにアクセスしていただき、選手たちの日々の活動をチェックしてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〜新たなるチャレンジ〜

さて、早速本題に。
このホームページを見ていただいている皆様はもうご存じだと思いますが、この4月から川田は新しいチームを設立し、その代表に就任しました!

チーム名は、’’URANO.S KYOTO”(ウラノスキョウト)といいます!
天の神様からお名前をお借りしてチーム名にさせていただきました。

この名前はスタッフである青島コーチが考えてくれた名前です。
最初はウラノス〜?とちょっとどうかなと思っていましたが、今ではとても気に入っている良い名前です!

名付け親の青島先生の隣の方はクラブのスポンサーをしていただいている臼井製作所の会長様!

本当にありがとうございます!


さてさて、、、チームの代表になるのは人生で初めてとなります。
これまでたくさんのチャレンジをしてきましたが、今回がこれまでの人生で一番のチャレンジとなっています。。。

足がガクガク震える毎日ですが、このクラブを大きく発展させたいという想いから、今回’’代表就任’’という大きなチャレンジをしてみました。

代表となると、これまでみたいに指導だけに集中していていいわけではありません。
めちゃめちゃやることが増えておりまして、、

①選手たちの指導(U-15・Girlsの監督として)

②クラブの育成モデルの確立

③クラブ運営(収入やら支出やら)

④ホームページやSNS等で積極的な広告活動

⑤スポンサー回り等の営業活動

これに当たり前のように日々の雑務がごーーーーんっと乗っかってきます。(涙)

 

まぁ、休む時間もあまりなくて常に仕事のことを考えています。

特に大変なのが、お金の計算。

これ、社会人の方々であれば当たり前なんだろうと思いますが、コーチのみを専業にしている方々はこのあたりが結構抜けている人が多いです。

指導者一本で仕事をしているので、主にサッカーのことだけに集中して仕事をしています。

なのでクラブの収入とか、支出とかにあまり関心がなく、「どうすれば選手たちを上手くすることが出来るのか?」ここだけに関心がある方が多いのは事実かと思います。
私もちょっと前まではこの状態だったのは秘密。

 

ですが、代表ともなるとそれだけやっているとクラブが潰れてしまいます。
そして、選手たちの活動の場所も一瞬でなくなり、スタッフたちも仕事がなくなる。
クラブを動かすお金という存在と常に対峙しなくてはいけなくなったことがここ最近の私の成長のひとつです。笑

どうやったら会員(選手)が増えるのか?

会員が増えることでクラブの収入が増えることは皆さんすぐに思いつくと思います。では、どうやったらうちに魅力を感じてくれて人が集まるクラブになるのか?
そんなことをノートに書いて、書いて、書いて、書いて、、、、、やっていて出来たのが、うち独自の育成プログラム


※このノートが相棒。

クラブ独自の育成プログラム。

その名も、、、、、、おっとそれはまた次回。笑

次のブログで説明させてもらいますね!そうです!次への誘導です!笑

次の記事も見てくださいよ?
見ないと、損ですよ?笑

ここまで長々とありがとうございました!
また次回お会いしましょう!

では、また!

月別アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

スポンサーSponsors

特別協賛スポンサー

ホームページバナースポンサー

ファンクラブ スポンサーFan club sponsors