URANO.S KYOTO
ウラノス京都 URANO.S KYOTO

代表ブログ Blog

【良い試合を定義してみよう!の回。あなたの考える良い試合とはどのような試合ですか?】

【良い試合を定義してみよう!の回。あなたの考える良い試合とはどのような試合ですか?】

良い試合だったね!って聞くけどもそれって何を持って良い試合と言えるのだろうか。

 

 

皆さんに質問です。
あなたの思う良い試合ってどのような試合ですか?

感情的になる大逆転劇?

完璧な試合運びによる試合?

ぼっこぼっこのワンサイドゲーム?

失点ゼロのカウンター一発の試合?

 

 

人によって良い試合の定義って変わると思います。

でも結構耳にしますよね。良い試合だったね!という一言。
反対に今日の試合は良くなかったな。という一言。

結構選手たちにも言ってしまうことってありますよね?
これって、実は安易な気持ちで選手に言ってはいけないものなのかもしれません。

今日はそんなことを自分なりに考えてきた記事内容となります。
最後までぜひともお付き合いください。

試合に敗戦。でも積み重ねがある内容であった。
試合に完勝。しかし、課題が残る試合だった。

どちらが良い試合?

 

皆さん、どのように考えますか?
自分の息子、娘、教え子たちの試合が終わりました。さて、その時にどのような声をかけますか?

これってすごく重要なことなんだと最近すごく思うんです。

だって指導者の声かけひとつでもしそれがすごく良くない内容だったとしても良い試合だったと伝えてしまったら選手はこれで良かったのかと思ってしまうもの。
逆に、内容は本当にチャレンジしたのに結果がついてこなかった時に良くない試合内容だったと伝えたらもうチャレンジすることが出来なくなるかもしれない。

こう考えた時に、大人が発する言葉って本当に怖いですよね。
間違った言葉を選手にぶつけてしまうと、その選手の成長に大きく影響してしまいます。

私が思う良い試合内容とは、
トレーニングしてきたことに対してチャレンジすることが出来た試合です。

私は試合ももちろん大好きですが、トレーニングはもっと好きです。
正直試合は選手たちのお披露目の場だと思っています。発表会ですね。そこは選手たちが全力で発表する場所です。

トレーニングは私の用意してきたものを選手たちに伝えるお披露目の場です。
選手たちの成長に対して練りに練ったものを選手たちに発表し、提供、そしてそれを吸収してもらい、成長する栄養にしてもらう場所だと思っています。

だからこそ、トレーニングは本当に全力で約2時間を全力で駆け抜けるようにトレーニングしています!

そのトレーニング内容に対して、選手たちが試合で発表してくれる。
そこにトレーニングの積み上げが見えたら最高!結果がついてきたらもっと最高!

結果がもしついてこなくても、積み上げが見えたらこれも良し!気持ち的には結果がついてきていないことで落ち込んでしまいますが、それでも良し!です。

では、結果がついてこなくて、積み上げが見えてこない。でも、チャレンジはしていた。
これは皆さんどうですか?

私はこれを良し!としています。
もちろん、選手たちには「ごめん!俺のトレーニングをもっと改良する!」と正直に伝えます。
だって選手たちはチャレンジしているので。

ただ、めちゃめちゃ厳しく選手を叱る時もあります。
それは、結果に関係なく、選手が取り組んできたことに対して全くチャレンジしていない時です。

これはもう本当におおおおおおおおおおおいいいいいいい!!!!!!!と叱ります。

なぜチャレンジしないのか?

チャレンジしないということは成功もないかもしれませんが、失敗することもありません。

失敗することがない。これって最悪な状況だと私は認識しています。
だって、失敗することでそれが経験値となり選手の栄養になります。

このような状況で試合を終えた時、私は選手たちに今日の試合は良くない試合だったねと正面からきっぱり伝えます。
そして、選手たちにもこうも伝えます。

「チャレンジしてくれたことに対して上手く出来ないのは全く問題はないし、むしろナイス。それで上手くいかないのはコーチの責任。だけどチャレンジせずに試合を終えたことはみんなの責任。みんなが悪い。みんなの責任。」

本当にこんな感じでめっちゃはっきり伝えます。
良いか悪いか、そのあたりは分かりません。良いと言ってくれる方もいたら、良くないと思われる方もいるでしょう。

ただ、選手はプレーに対してチャレンジする義務があると思っています。
その成果に対しての責任はコーチにあると思っています。

だからこそ、選手たちにはチャレンジをし続けることを徹底していつも伝えています。

チャレンジした中で試合に負けてしまった時は「ナイスチャレンジだった!勝たせてあげられなかったことは本当にごめん!コーチが悪い!

URANO.S KYOTOはこのスタイルで指導をしています。

だからでしょうか。
うちに来てくれる選手はサッカーが本当に楽しいと言ってくれることが多いです。

それは自分の責任を感じながら、常にチャレンジすることが出来る環境に自分を置けているからなのではないかと思います。

もちろん、私たちのスタンスが良いかどうかなんて分かりません。
選手たちの育成に答えなどないと思います。

ただ、私たちは選手たちが自立した心と精神力を持ち、これから高校へ進学しても、そして大学、社会人になったとしても自立して人間力を習得してほしいと考えています。

今日は良い試合だったね!

この一言、とても深い意味合いを今後も持ちながら使っていきたいと思います!

さぁ、あなたにとって直近の試合は良い試合でしたか?

 

ではまた!

月別アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

スポンサーSponsors

特別協賛スポンサー

ホームページバナースポンサー

ファンクラブ スポンサーFan club sponsors