URANO.S KYOTO
ウラノス京都 URANO.S KYOTO

お知らせ News

【U15選手権京都府予選決勝 vs 精華中学校!】

【U15選手権京都府予選決勝 vs 精華中学校!】

目指している全国大会出場へ向けての大切な決勝戦!

この日、女子チームは京都1位を決める大切な優勝決定戦でした。
対戦相手は精華中学校さん!

自分達がトレーニングしてきたことを発揮する。
成長してきたプロセスを自分達で振り返り、どこまでチームとして戦うことが出来るのか。

全員、めちゃめちゃ緊張していましたね。笑

前半、チームは開始10分ほどでPKにて失点、そして前半終了間際に左サイドを崩されて失点。
0-2で後半がスタートしました。

前半は普段の彼女たちからしたら力は半分も出ていませんでした。
もうあと35分しかないという後半戦。
チーム一丸となって戦うだけ。

後半がスタートし、選手交代もあり全員で臨んだ後半開始4分。
チームのイメージ通りのショートカウンターが成立し、山﨑がゴール!
1点を返すことに成功します!

そこから何度かチャンスを作りますが、あと一歩というところで得点が出来ず、、。
試合は1-2で終了し、京都予選は準優勝という結果になりました。

前半の緊張具合が本当に痛かった、、、。。
でもそれがサッカー。

この試合からまた私たちはたくさんのことを学びました。

この学びをまた次に活かし、全員で成長し、前に進んでいきたいと思います!

対戦いただいた精華中学校の皆様、素晴らしいプレーでした!
関西大会でのご活躍をお祈りしています!

みんな、お疲れ様!
また、頑張っていこう!

【U13リーグ vs ヴェルベント戦!雨の中のリーグがスタート!】

【U13リーグ vs ヴェルベント戦!雨の中のリーグがスタート!】

雨の中のリーグ戦!

今回の試合は雨の中でのU13リーグとなりました!

グラウンドのコンディションはMAXに最悪レベル。。。笑
しかし、その中での選手たちは今ある力を全力で発揮してくれました!

まずは守備をしっかりと整理して、失点をしないこと。
失点数を少なくすることが出来れば、それは次の攻撃の機会に繋がるチャンスとなります!

グラウンドはこの模様。笑
田んぼだと思ってもらって大丈夫なレベルです。

この中で走り続けることが出来る選手たちの体力は本当にすごいと思います。
一歩一歩が体力を非常に奪われてしまう。

このような試合では、まずは正面に立ち、相手に前へ蹴らせないことを徹底していく必要があります。
前にボールが出てきてしまうから失点に直結する。
そこを徹底して修正していきます!

U12所属のてんじもU15リーグにデビュー中!

この日1日、本当によく頑張りました!

【ボールマスタリースキルを飛躍的に向上!自分がイメージした通りにボールを扱えるようになろう!】

【ボールマスタリースキルを飛躍的に向上!自分がイメージした通りにボールを扱えるようになろう!】

イメージ通りにプレー出来る選手が、良い選手になれる可能性を秘めている?!

 

イメージ通りにボールをプレーしてほしい

そのためには、イメージ通りにボールをコントロール出来るようにならないといけない。

そのためには、どうやってボールを触ればイメージ通りにプレー出来るのかを頭で理解する必要がある。

そのためには、スタッフ陣が選手たちにわかりやすい言葉で技術発揮の方法を言語化し、伝える必要がある

本日は上記の流れを選手たちにがっつり指導するべく、スクールがスタートしました!

やっぱり、イメージ通りにプレーが出来たら選手は気持ちがいいものです。
そんなの当たり前なんですが、イメージ通りってとことん深掘りすれば、ものすごく奥が深い

URANO.S KYOTOサッカースクールでは、全てのプレー体の動きなどにおいて自分の思い通りにプレーが出来るようになるトレーニングプログラムを取り入れています

まずは、恒例のラダートレーニングからスタート!
 

自分の体をイメージ通りに動かすところから全てはスタートします!

次に技術トレーニング!

小学生クラスは康平コーチ

幼稚園クラスは健悟コーチ

ふたりのコーチはひとつひとつのプレーをわかりやすく、しっかりと言語化して伝えてくれているので選手たちも理解がしやすい

言葉で理解することが出来れば、プレーの現象そのものを理解し、説明出来るようになります。
そうなったら、成長はとても早い!
 

本日もたくさんの選手が参加してくれました!

次回のご参加もスタッフ一同楽しみにお待ちしております!

【最終局面でゴールを奪うことの難しさを言語化し、それを改善するためのプレーも言語化していく!】

【最終局面でゴールを奪うことの難しさを言語化し、それを改善するためのプレーも言語化していく!】

全てのプレーに対して選手たち自身が問題点と解決策を言語化出来るようにする


どんなプレーに対しても今のはここが原因で、ここを改善すればここが良くなる!
そんな風に選手たち自身が解決していけるようなサッカーの知識を蓄えることが出来れば、多分サッカーをやっていてものすごく面白いと思います。

全てのプレーに意図を持つことが出来ますし、なんとなくこういって、こう!というイメージだけのプレーではなくなります。

そういったことをURANO.S KYOTOでは選手たちと常にトレーニング。
たくさんの選択肢を選手たちに持ってもらうための引き出し作りを行っています!

今回のトレーニングは、アタッキングサードの最終局面での攻防!
最後、ゴールを奪うためのシーンを徹底してトレーニングしていきます。

いくつかポイントがありますが、それを選手たちが理解して行えているかどうか。
頭の中で理解して、整理してプレー実行に移せている選手そうではない選手ではひとつの成功に対しても大きく違ってきます。

たまたまの成功なのか?

自分の動きを理解した上でチャレンジし、成功したのか?

この2つをどのように捉えるかで本当に成長のスピードは変わります。

全員、必ず気が付く瞬間があるんです。
あ、コーチたちが言っていることがこういうことだったのか!と。

でも、それを今気がつく選手何年後かに気がつく選手
そこは精神的な成長にも関わる部分なのでなかなか簡単にはいかないのですが、全員、早く気がついてくれることをスタッフ全員心から願っています!

体験生、随時募集しています!
お気軽にお問い合わせください!

【アタッキングサードでの崩しを徹底トレーニング!クロスボールへの入り方、ボールの質等を全員で共有!】

【アタッキングサードでの崩しを徹底トレーニング!クロスボールへの入り方、ボールの質等を全員で共有!】

崩しの局面でのトレーニングを徹底してトレーニング!
ゴールを量産出来るチームとは?

 

崩しの局面でのトレーニング、ここが改善されたらURANO.S KYOTO Girlsチームはもっと上のレベルに行くことが出来ます。

守備の面はここ数ヶ月で格段に向上しました。
前からのプレッシングがはまり、相手に対して強く圧力をかけて守備をすることが出来るようになりつつあります

では、今後はその奪ったボールをどうやって攻撃に繋げ、得点力を上げていくか。

プレーの再現性は必要になりますが、最後の部分での質を高める作業も必ず必要になります!
それはそうですよね。そこまで丁寧にボールを運べたとしても最終局面でシュートが決まらないと意味がない。

攻撃の選手たちにはそのあたりもしっかりと理解してプレーに励んでほしいと思っています。

後ろの選手たち全員がしっかりと守備をして最後まで繋いだボールです。
それをシュートを外して、「あー、ごめん。」って言っているような選手は信頼を一気に失ってしまいます

だからこそ、日々のトレーニングから確実にシュートを決めることを目標にして意識を変えていってほしい。
自分がシュートを決めたら試合に勝つことが出来るのだと。

クロスボールからの攻防のトレーニングでは、徹底して入り方、角度、タイミングを共有していきます!
  

このあたりのスキルが向上してくれば、一気に得点力は爆増。
ただし、やはりゴール前のスキルの習得は難しい。。
 

このエリアで良いプレーが出来れば、試合に勝利することに直結
自分がチームを勝たせるくらいの気持ちで、これからもトレーニングに打ち込んでいきましょう!

URANO.S KYOTOでは体験生の受け入れを行っています!
ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

【相手を剥がし、突破するスキル習得を目指しトレーニング!スピード、フェイント、間合い、全ての現象を言葉で理解!】

【相手を剥がし、突破するスキル習得を目指しトレーニング!スピード、フェイント、間合い、全ての現象を言葉で理解!】

1vs1に強い選手とは?そこを定義し、選手たちにわかりやすく噛み砕いて伝えていきます!

 

1vs1を強化する!
そこに合わせて味方との連携もトレーニング!

本日のサッカースクールはそこを目的にトレーニングを行います!
みっちり、ラダートレーニングからステップワークを向上!
 

水曜日の記事にも書かせていただきましたが、全てはイメージ通りにプレーすることを目的としてトレーニングメニューをクラブでは構築しています。
URANO.S KYOTO育成メソッドとしてトレーニングメニューやコーチングスタイルを整理し、選手たちにはわかりやすく、噛み砕いてアドバイス
 

毎回行っている身体の使い方も、わかりやすいように伝えています。
自分の手や足を大きく動かすこと。可動域を増やし、身体を動かせる範囲を増やすこと
 

 

さて、トレーニングスタート!

康平コーチの小学生クラス!
基礎的なスキルを動きながら習得していきます!

ボールをコントロールして相手を剥がすだけではなく、パスのスキルも向上中!

たくさんの動作があるサッカーという自由度の高いスポーツの中で必要なスキルをみっちりとトレーニングしていきます!
 

健悟コーチの幼稚園クラス!
こちらもとても楽しそう。笑 みんな笑顔で、めちゃめちゃ汗をかいています!笑

幼稚園クラスの選手たちは、サッカーに初めて出会う年代。その子たちがサッカーを楽しめるように工夫し、サッカーを好きになってもらうのがコーチの仕事。

健悟コーチ、ばっちりです!!!!!

今日もたくさんの選手たちがトレーニングに打ち込んでくれました!

来週も皆様のご参加、スタッフ一同楽しみにしています!

【守備をトレーニング!ボールを奪いにいきながらゴールを守ることを徹底して習得していきます!】

【守備をトレーニング!ボールを奪いにいきながらゴールを守ることを徹底して習得していきます!】

ボールを奪いにいきながら、ゴールを守ることを徹底してトレーニング!

 

今回のU12のトレーニングは徹底してボールを奪いにいくことをトレーニングしました!
しかも、それにプラスしてゴールを守りながらボールを奪いにいくというなかなか難しいもの。

さて、U12のメンバーはそのあたりのスキルをどれだけ習得することが出来るかな?

最初のウォーミングアップでは中学生たちと一緒にラダートレーニングから!
ステップワークを細かく、細かく行うことで次への動作が早くなり、動きがとてもスムーズになります!

さぁ、早速トレーニング。
まずは基本の姿勢から学んでいきます!

どうしたら次への動作に早く移ることが出来るか?

次に守備の基本。
最初の鬼ごっこでも一工夫。
ボールを持っている選手を捕まえにいきながらパスコースを限定していく。これ、かなり難しいです。笑
でも、上手に出来るようになるとひとりで複数のパスコースをカット出来るようになる

次が1vs1。
ここでさっきトレーニングした鬼ごっこのスキルが活かされます!

攻撃側には複数のパスコースがある。
そのパスコースを限定しながら、相手を1vs1の状況に追い込んでいく!

これが出来るようになるために一番最初の鬼ごっこのウォーミングアップが活きてくるんですね。
いやー、積み上がってきています!

最後のゲームではそのあたりを踏まえた中で、どれだけ習得した守備のスキルを発揮することが出来るか?
ゴールを守りながら、守備を行う!

みんな、意識することが出来ています!
ナイス!

URANO.S KYOTO U12では随時体験生の受け入れを行っています!
ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

【早いタイミングからのクロスボールへパワーを持って飛び込む!スピードの攻撃に再現性を持たせて!】

【早いタイミングからのクロスボールへパワーを持って飛び込む!スピードの攻撃に再現性を持たせて!】

スピードのある攻撃の追求

 

再現性のあるスピードのある攻撃をU15チームでは常にトレーニングしています。
それは、このクラブのスタイルでもありますが、今後のサッカー界はもっとスピードが求められてきます。

テクニックのある選手が増える

それを倒す守備能力が上がる

それをさらに上回るにはスピードも必要になる、、

何をもって速いというのか?
それは様々な項目があると思います。
ただ、走るのが速いだけの選手は今後は通用しないでしょう。

私たちのクラブの求める速さは、「相手のチームに対して危険となる速さ」です。

例えば、判断力

相手の守備ラインが整っていないタイミングでアーリークロスを上げるなど、そういった判断のスピードは徹底して選手たちに求めている部分です。

スピードを持った中で発揮することが出来るスキルもそのひとつ。
そこは火曜日にトレーニングをしている部分。自分の100%のスピードを保った中で技術を発揮することが出来る。

そういった選手は必ず相手チームにとっては危険な選手となります。

危険な選手ってなんだかかっこいいですね。笑
でも、本当に私たちはそんな選手たちの育成をコンセプトにしています。

昨年、URANO.Sを卒団した選手たちも高校1年生にしてAチームへ入っていると聞いています。
やはり、私たちのクラブで学んできたことは確実に活かされています。

URANO.S KYOTOでは体験生を随時受け入れしています。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

【しなやかな動きを習得すると同時に自分の引き出しを増やす作業を行っていく!】

【しなやかな動きを習得すると同時に自分の引き出しを増やす作業を行っていく!】

引き出しがないと選手たちは固まってしまう傾向にある。

 

女子選手たちは本当に真面目です。
真面目だからこそ、これといったらこれ!という形で応用や工夫が出来ないことが結構あります。

それは女子選手たちの素晴らしく良い部分でもあり、デメリットでもある。
ということは、それを逆手に取ればいいだけの話ですよね?

URANO.S KYOTOはプレーの型を選手たちに教えて込み、自分の引き出しをたくさん作ってもらいます
パターンというように思ってくれたらいいでしょうか。

例えば、ゴール前のシーンである選手がクロスボールを出せる状況だったとしましょう。
その時に下記のような判断材料が一瞬で頭に浮かべばそれをプレーの選択肢として選ぶことが出来ますよね。

Aパターン(アーリークロス)
Bパターン(マイナスへクロス)
Cパターン(深い位置へドリブルで運んでクロス)
Dパターン(クロスと見せかけてカットインからのシュート)
etc,,,

こう

いったことをパターンとして選手に覚えてもらい、自分が選べるプレーの幅を大きくします

そしてその中からプレーの最適解を自分で選び、見つける
そういう選手が本当に自由な選手なのではないでしょうか?

考えろ!!!という指導では、そもそも何を考えていいのかわからない。
ではなくて、このパターンを習得させた上で、【考えろ!】だったら選手も考える材料があるので「考えろ」という単語はパワーをもった言葉になりますよね。

URANO.S KYOTOは随時練習生の体験参加を受け入れしています。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

【個人スキルを上げる火曜日!連続した動きの中で技術力を向上させていきます!】

【個人スキルを上げる火曜日!連続した動きの中で技術力を向上させていきます!】

連続した動きの中でのスキル習得は必須。
動きが入るとどうしてもミスが起きやすい。

サッカーは止まってプレーする時と動きながらプレーする時があります。
URANO.Sではそのあたりを曜日別で分けてトレーニングを構築。
選手たちに必要なスキルを計画的に習得していきます!

毎週火曜日は動きながらのトレーニングを組み込みフィジカル能力と合わせて向上を促しています。
特に個人でのボールコントロールには時間を使っており、ボールをスピードのある中でどれだけ扱うことが出来るかを徹底してトレーニング中。

コーンをかわしたり、相手をかわしたり、様々なトレーニングをどんどん入れていきますが、その中にも判断が入るような工夫も。
ただ、かわすのではなく、ボールをどこに置きながらプレーすれば次にパスが出来るのか?
動きがある状況の中でどのコースを自分が進む方が良いのか?
このあたりをどんどんトレーニング!

やはり、動きが入るとミスも起こってきます。
では、そのミスの原因を自分で考えて答えを導き出せるかどうか。
ここも重要で、自分で考えてプレーが出来ないようでは自由なプレーヤーではありません。

私たちは選手たちにたくさんの引き出しを作り、その引き出しの中からアイデアを出していくようにしています。

これとこれとこれが自分の選択肢にはある。
では、この状況では何を使うべきか?

こういった判断力の材料になるものを私たちはどんどん選手たちに植え付けています。
それが選手が自立した選手になる近道になると信じて。

体験会、随時募集しています!
皆様、ぜひご参加ください!

スポンサーSponsors

特別協賛スポンサー

ホームページバナースポンサー

ファンクラブ スポンサーFan club sponsors